コラム記事
最新の記事
コラム記事
事例紹介
商品・サービス
日本語
English
한국어
Français
Deutsch
日本語
ไทย
Português
español
Bahasa
italiano

ホテル経営における課題解決に今すぐ始めるべき2つの対策

ホテル経営における課題解決に今すぐ始めるべき2つの対策

ホテルの需要が年々高まっているのにも関わらず、ホテル業界全体で人手不足が問題視されています。そのため、ホテル経営では、いかにして人材を確保するか、少ない人員で運営するためにはどうすればよいのかを模索していく必要があるでしょう。そこで今回は、ホテル経営における課題の対策についてご紹介します。

ホテル経営における課題の2つの対策法

外国人観光客の増加などに伴い、日本全体の宿泊者数は増加傾向にあります。その一方で、宿泊・飲食サービス業の就業者数は、過去10年の間、370〜390万人の間を推移しており、大きな変化は見られません。また、離職率もほかの業界に比べて高いのが特徴です。以下では、こうしたホテル経営の課題を解決する2つの方法についてみていきましょう。

1. 労働環境・労働条件の改善

ホテルスタッフは、長時間労働を強いられる場合も多いものです。さらに、ホテルの特性上、夜勤や早朝勤務があり、生活リズムを崩しやすい職場環境です。ホテル経営の課題である人材不足を解決するためには、この過酷な労働環境の改善が必要不可欠といえるでしょう。具体的な改善策として、勤務シフトの改善や、賃金などの労働条件の改善が考えられます。

ホテルスタッフは、夜勤の翌日に夕方から出勤というシフトを組まされてしまうことが多々あります。このようなシフトでは、夜勤終わりに仮眠を取り、すぐに夕方から仕事を行うことになるため、スタッフへの負担が大きいです。そこで、夜勤の次の日は休日にすると定めれば、ホテルで仮眠して次の出勤時間まで過ごすことはなくなり、負担は大分軽減するでしょう。

労働条件の見直しも、人手不足の解決に繋がります。たとえば、賃金を引き上げれば、多少過酷な労働環境でも働きたいという人は増えます。もちろん、ホテルの経営状況によっては賃金の引上げが難しい場合もあるので、いつでも行える策ではありません。

2. 業務の効率化を行う

業務の効率化を行うと、少ない人員で効率的にホテル運営を行えます。さらに、業務効率化することでタスクの分配、管理が最適化され、ホテルスタッフの負担が減り、働きやすい労働環境が実現します。働きやすい環境であれば、そこで働きたいと希望する人も増加するため、業務効率化は人手不足の解消にも繋がります。

業務効率化の具体的な方法として、タスク管理システムの導入が挙げられます。タスク管理システムにはタスク管理に役立つ様々な機能が搭載されており、少額の投資で大きなコスト削減を実現できます。次でタスク管理システムの具体的な使用例をみていきましょう。

タスク管理システムを用いた対策の具体例

ここでは、タスク管理システムを用いた業務効率化の例をご紹介します。

・タスクの共有で一人ひとりの業務の負担を減らす

タスク管理システムを利用すると、スタッフ全員にタスクを共有することができます。これにより、一部のスタッフにタスクが集中することなく、仕事を上手に分担することが可能です。

ホテルの場合、会場によって、また会場の盛り上がりなどに応じて忙しさは変わってくるものです。たとえば、A会場では中で行われている式典のピークが過ぎて少し落ち着いてきている一方で、B会場では今から忙しさのピークを迎えるといった場合を考えてみましょう。

この場合、A会場にいるスタッフは少し暇を持て余した状態になっており、多くのスタッフをそこに配備するのはコストの無駄です。対して、B会場には人手が不足しており、ほかのスタッフの応援を必要としています。タスク管理システムを導入すれば、そんなときにどこで人員不足・人員過多になっているのかを一目でチェックできます。これにより、スタッフを適切な場所に配備することができ、少ない人手でも効率的に運営を行えます。

・チャット機能でスタッフの連携を強化

チャット機能をもつタスク管理システムなら、スタッフ同士でいつでもどこでも業務に関する連絡が行えます。スタッフ同士が円滑な連絡を行えるようになると、連携が強化され、タスクを早く処理できるようになり、業務効率化に繋がります。

ホテルの中は広く、スタッフを探し出すだけでも一苦労です。そのため、口頭での業務連絡では、伝わるまでにどうしても時間がかかってしまいます。一方、タスク管理システムであれば、遠隔から迅速に指示を出すことができ、業務連絡にかかる労力を大幅に削減できます。

また、タスク管理システムであれば、ログを残すことができます。そのため、対応する顧客の部屋番号を忘れた、注文内容を忘れたといった場合でも、そのログを見返せばよいので、わざわざ管理者に再度尋ねるといった手間が省けます。

・重要度に応じてタスクを分類

ホテルを運営するうえで生じるタスクは、多種多様であり、すべてのタスクをただ闇雲に処理するのはとても非効率的です。なぜなら、それぞれのタスクは、その時々に応じて緊急度が異なるからです。

とにかく目の前にあるタスクをこなすという方針で運営を行うと、緊急性を要しない業務に人員を割いてしまい、今すぐ行うべき業務で人手が足りないといった事態に陥ることが容易に想像できるでしょう。

このような事態を防ぐためには、タスクを緊急性・重要度に応じて分類すべきです。タスク管理システムを用いると、タスクを重要度に応じて簡単に分類できるうえ、その重要度が設定されたタスクのデータを、スタッフ全員に共有することも可能です。ホテルスタッフが、タスク管理システムの重要度の高いタスクから処理していくよう行動すれば、自然と緊急性の高い業務から優先的に処理されます。

まずはタスク管理システムを導入すべき

ホテル経営における課題の具体的な解決策をご紹介しました。今回ご紹介した解決策の中でも、タスク管理システムの導入は、低コストで課題解決を望めるため、最優先で取り組むべきといえます。タスクワールドが提供するタスク管理システムは、タスクの共有、重要度に応じたタスクの整理、チャット機能など業務効率化を行ううえで役立つ機能を多数搭載しています。ホテル経営の効率化を目指すのであれば、ぜひシステムの導入をご検討ください。

使い勝手をとことん追求した 世界基準のタスク管理ツールで、コラボをスマートにしませんか?

Loading...