コラム記事
最新の記事
コラム記事
事例紹介
商品・サービス
日本語
English
한국어
Français
Deutsch
日本語
ไทย
Português
español
Bahasa
italiano

プロジェクトマネジメントに必要なスキルとは?

プロジェクトマネジメントに必要なスキルとは?

新しいサービスや商品を開発するために、プロジェクトの進行管理を行う人材がプロジェクトマネージャーです。エンジニアやプログラマーの中には、スキルアップしてプロジェクトマネージャーを目指すキャリアパスを描いている方も多いでしょう。

しかし、プロジェクトマネージャーの仕事は多岐にわたることに加え、必要なスキルも多いため、誰にでもこなせるポジションとはいえません。そこで今回は、プロジェクトマネージャーの仕事内容と必要なスキルを紹介します。プロジェクトマネージャーを目指す方は必見です。

 

▶プロジェクトマネジメントの仕事内容

プロジェクトマネージャーの仕事は多岐にわたりますが、おもな仕事内容は以下の通りです。

・要件定義と基本設計

プロジェクトマネージャーの仕事の中で、特に重要度が高いものが要件定義です。要件定義とは、「どんな商品やサービスを開発するのか」というプロジェクトのゴールを可視化する業務といえるでしょう。

クライアントや企画の担当者などにヒアリングを行い、プロジェクトの目的や課題、商品・サービスの具体的な内容、スケジュール、費用などをまとめます。

要件定義の次にプロジェクトマネージャーが行う仕事は、基本設計です。

要件定義に基づき、システム全体を機能ごとに分解し、機能の概要や目的、各機能の連携などについてまとめていきます。つまり、基本設計とはシステム全体の設計図を作成する仕事だといえるでしょう。

・詳細設計

基本設計が終わったら、次は詳細設計に入ります。基本設計の内容に即して、システムエンジニアなどへUI、UXの詳細設計を依頼し、具体的な画面や機能を設計させることがプロジェクトマネージャーの仕事です。

詳細設計が完成したら、プロジェクトマネージャーが全体のチェックを行い、過不足や認識のズレがあった場合は、システムエンジニアへフィードバックします。完成するまでに、何度かフィードバックと修正を繰り返すことが一般的です。

・テスト

詳細設計に基づきサービスや商品の開発が完了したら、テストを実施します。テスト自体はプログラマーやシステムエンジニアが実施することが普通ですが、問題や課題がみつかった際、それらを記録しフィードバックしながら具体的な対応策を検討することがプロジェクトマネージャーの仕事です。

この段階で、クリティカルな問題や予想していなかったトラブルが発生する可能性もあるため、プロジェクトマネージャーには柔軟かつスピーディーな対応が求められる場合も多くあるでしょう。

・運用・保守

開発が終了し、無事にサービスや商品がサービスインしたら、運用・保守のフェーズに入ります。プロジェクトの要件定義書や設計書を取りまとめて、運用、保守の担当者へ渡したら、プロジェクトマネージャーの仕事は完了になるケースが多いです。

運用時に大きなトラブルなどが発生した際には、相談される機会もあるかもしれません。しかし、基本的にプロジェクトマネージャーの仕事としては、サービスインまでが一般的でしょう。ただし、バージョンアップや機能追加が定期的に発生するサービスや商品の場合は、この限りではありません。

 

▶プロジェクトマネジメントに必要なスキル

幅広い仕事を行わなくてはいけないプロジェクトマネージャーには、さまざまなスキルが要求されます。特に重要視されるスキルを紹介するので確認しておきましょう。

・管理能力

プロジェクトマネージャーはサービスや商品の開発プロジェクトを完遂させることはもちろん、自社の収益を最大化させるためのビジネス視点も必要です。プロジェクトの完遂とビジネス面の両立を実現するためには、タスクやスケジュール、予算、クオリティなど、あらゆる要素をバランスよく管理する能力が不可欠でしょう。

また、ステークホルダーやプロジェクトメンバーなど、社内外のスタッフのタスクや進捗管理もプロジェクトマネージャーの大切な仕事です。自分だけでなくプロジェクト全体を俯瞰できる管理能力は、プロジェクトマネージャーの必須スキルといえます。

・コミュニケーション能力

プロジェクトマネージャーは社内外の多くのメンバーを巻き込んでプロジェクトを推進する必要があるため、コミュニケーション能力も必須スキルです。プロジェクトの目的を周知しながらモチベーションを維持し、スケジュール通りに開発を完遂させるためには、メンバーと密にコミュニケーションをとる必要があります。

またプロジェクトリーダーには、メンバーの意見も聞きつつ適切な指示を与え、プロジェクトを成功に導くリーダーシップも必要でしょう。

・分析、問題解決能力

プロジェクトの進行中には、予期せぬ問題やトラブルが発生するものです。そのため、プロジェクトリーダーには、問題やトラブルを分析して課題を解決するための能力が欠かせません。問題の原因を速やかに特定した上で解決策を検討し、スピーディーに対応しなくては、プロジェクトの進行に影響が出ます。

また、クライアントやステークホルダーとの調整が必要になるケースもあるでしょう。そのため、プロジェクトリーダーはプロジェクトの潜在的な問題や課題を事前に把握し、あらかじめ解決策の目途を立てておくことも大切です。

・業務、ビジネスに関する知識

プロジェクトリーダーは、担当するプロジェクトに関する業務知識を習得しておかないと、業務内容の把握やスタッフへの指示ができません。また、ビジネスの知識も不可欠です。そのため、プロジェクトリーダーはITやシステムの知識、業界の知識、会社やビジネス知識など、多くの知識を習得しておく必要があります。

特に近年はITやテクノロジーなどの発展がめざましく、業界のトレンドの移り変わりが非常に早いので、常にアンテナを高くもって情報収集を行う必要があるでしょう。

 

▶プロジェクトマネジメントにはプロジェクト・タスク管理ツールの活用がおすすめ

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの進行管理をビジネス目線でバランスよく調整するポジションです。仕事内容は多岐にわたり、求められるスキルも高いので、プロジェクトマネージャーを目指す方は本記事を参考にスキルアップやキャリアアップを目指してください。

なお、プロジェクトマネジメントを効率よく実施するためには、プロジェクト・タスク管理ツールの活用がおすすめです。多くのプロジェクトマネージャーが使用している「タスクワールド」は、機能性と使いやすさを両立した世界基準のプロジェクト・タスク管理ツールで、無料トライアルも提供しています。

プロジェクトマネージャーを目指す方は、ぜひタスクワールドを試してみてください。

タスクワールドの無料トライアルはこちら

使い勝手をとことん追求した 世界基準のタスク管理ツールで、コラボをスマートにしませんか?

Loading...