コラム記事
最新の記事
コラム記事
事例紹介
商品・サービス
日本語
English
한국어
Français
Deutsch
日本語
ไทย
Português
español
Bahasa
italiano

営業社員がタスク管理の徹底で成績アップに繋げられる理由とは?

営業社員がタスク管理の徹底で成績アップに繋げられる理由とは?

営業社員は、顧客対応やルーティンタスクへ毎日対応するだけでなく、突発的なタスクへの適切かつ柔軟な対応が求められます。しかし、目の前のタスクに追われているばかりでは、受注チャンスの獲得や顧客との信頼関係にも影響を及ぼしかねません。営業社員は、タスク管理を徹底することで、受注獲得のチャンスを広げ、最終的に成績アップに繋がります。

このコラムでは、営業職におけるタスク管理の重要性やそのコツを解説していきます。

▶営業職におけるタスク管理の重要性

営業職にとって、タスク管理は極めて重要です。新商品やサービスの紹介や提案、見積書の提出、提案後のフォローアップに至るまで、さまざまなタスクを適切に管理できていなければ、せっかくの受注チャンスを逃してしまうばかりか、顧客との信頼関係すら構築できないからです。

また、営業社員一人ひとりがタスク管理を徹底できていなければ、さまざまな弊害に見舞われかねません。

たとえば、同じ顧客へ複数の社員が別々にアプローチしてしまう、顧客とのトラブルに上司や同僚が気付かない、営業社員の受注獲得に向けた後方支援ができない、などの弊害です。

タスク管理は個人単位の重要性もさることながら、組織の観点からも非常に重要です。

▶営業社員のタスク管理術3つのポイント

最適なタイミングで必要なアクションを選択し、顧客との信頼関係を構築しながら最終的に受注を獲得するためにも、営業社員にとってタスク管理は必要不可欠です。そこで、営業社員に向けたタスク管理術をいくつか紹介します。

1. 受注に向けた営業フローを細かく分解する

1つ目のタスク管理術は、営業活動に必要なフローを細かく分解し、細分化したフローでタスク管理することです。最終的に目指す受注までのプロセスを細かく分解することで、受注獲得までのいくつかのフローにおいて、どのステージにいるのかを把握し、タスクとして適切に管理していきます。営業フローの分解は、対法人か対個人か、どの業界に属するかなどによってさまざまです。たとえば、次のような6つのステージに分けてみましょう。

  1. アポイント獲得
  2. 初回訪問・商品紹介
  3. 訪問後フォロー
  4. 提案・見積書提出
  5. 提案後フォロー
  6. 契約締結(受注獲得)

このように、営業活動を細かく分解してみることで、営業プロセスがフローごとに明確できます。今取り組むべき営業タスクが分かれば、必要な営業手法を判断することが可能になるので、受注獲得に向けて効率よく取り組むことができます。

2. 営業タスクの優先順位を明確にする

タスク管理術の2つ目は、タスクの優先順位を明確にすることです。先ほどの6つのステージを例にして考えてみます。月内に10件の受注を獲得する目標があるとして、「3.訪問後フォロー」ばかりを繰り返している限りは、目標達成は程遠いでしょう。しかし、「4.提案・見積書提出」や「5.提案後フォロー」のステージで営業タスクに取り組むことができていれば、受注獲得までもう一息です。

最適なクロージングを実行することによって、受注獲得へと確実に繋げて目標をクリアしていきます。

このように、目指すべき受注獲得に向けて、今取り組むべき営業タスクを明確にしたうえで、タスクの優先順位を整理することが大切です。営業タスクの優先順位が明確になっていれば、目標達成に向けて着実かつ確実な行動が可能です。

3. すぐ終わりそうな細かいタスクは即対応

営業社員は、毎日の営業活動に加えて、既存の顧客や社内からの要望・依頼に対応しなければならないなど、突発的なタスクにも適切かつ柔軟に対応することが求められます。

営業活動に関わるタスクは、これまで見てきたように、営業タスクごとに時間をかけてじっくり取り組むことが必要です。

一方で、それ以外のタスクは、「今日中に終わらせなければいけないもの」「すぐに終わりそうなもの」「いつ終わらせてもよいもの」などが混在しており、優先度はさまざまです。

優先順位を見極め効率よく処理していくことで、戦略的に行うべき営業タスクに時間をしっかりと割り振ることが重要です。

▶タスク管理ツールを導入するメリット

タスク管理の方法として、ノートや手帳に手書きする、エクセルで管理シートを作るなどの方法が広く知られています。しかし、この方法では複数のタスクが並行したときに優先順位付けが難しくなってしまい、タスクの抜け漏れが起こりやすくなるのです。

そんなときに役立つのが、「タスク管理ツール」の導入です。タスク管理ツールを活用することで、営業フローごとのタスクを明確にできるほか、タスクごとの進捗をパッと見て判断できます。営業タスクの優先順位も管理ツールの機能を使えば明確になり、目標達成に向けた必要なアクションを選択することが可能になるため、成績アップへのチャンスが広がります。

▶タスクワールドのタスク管理ツールのススメ

営業社員が導入すべきタスク管理ツールとして、「タスクワールド」の活用がおすすめです。タスクワールドは、タスク管理に必要な操作を直感的に行うことができるクラウドサービスです。端末とネットワーク環境があれば、いつでもどこでも活用できます。

営業所や訪問先などの場所を問わず、タスク管理を気軽に行うことが可能です。

また、タスクが増え、複数のタスクに並行して対応しなければならない場面でも、タスクワールドを使えば、各タスクの優先順位やタスクの全体像を一目で理解できます。上司や同僚などのほかのメンバーもタスクの進捗状況をリアルタイムでチェックできるため、受注獲得や成績アップに向けた中長期的なタスクの進捗を組織として一元管理できます。業務の効率化にも繋げられる有用なツールです。

▶営業社員にとってタスクワールドの活用は成績アップへの近道

さまざまなタスクへの対応に追われる営業社員にとって、タスク管理は必要不可欠です。タスクワールドを活用すれば、営業タスクの優先順位やタスクの全体像を簡単に把握できるため、受注獲得へのチャンスを拡大できるでしょう。

場所を問わずにタスク管理ができることから、働き方改革や業務効率の改善にも繋げられるツールです。積極的に活用することをおすすめします。

使い勝手をとことん追求した 世界基準のタスク管理ツールで、コラボをスマートにしませんか?

Loading...