お役立ち情報&資料コラム記事

タスクワールドをさらに使いやすく!APIでチェックリストもコントロール!

〜 Google Apps Script でタスクにチェックリストを追加しましょう!〜

前回に引き続き Google Apps Script(以下GAS)の bot を作成しましょう。今回は一日ごとにタスクを確認し、新しいタスクに以下のタグが付与されていた場合、タスクに自動でチェックリストを追加する処理を実装します。

※本稿に掲載されているインターフェース画像は記事がリリースされた時点のものであり、現在のものとは完全に一致しない場合があります。

このサンプルでは Google とタスクワールドのアカウントが必要になります。また、タスクワールド API で使用する ID も用意しておきましょう。ID はタスクワールド画面の「アカウント設定 > データのダウンロード」からダウンロードするか、または前回記事のサンプルソースで取得できます。

スクリプトファイルを追加

まずは Google Apps Script プロジェクト一覧画面で前回のプロジェクトを開き、メニューの「ファイル > 新規作成 > スクリプトファイル」で新規スクリプトを開きます。

このファイルにサンプルスクリプトをコピーペーストして保存します。ファイル名は任意で構いません。

スクリプトでは、前回分と重複する関数をコメントアウトしてありますが、もし新規でプロジェクトを作成する場合はコメントを外して有効にしてください。

プロパティを追加

今回使用するタグの ID をスクリプトプロパティにを追加します。

メニューの「ファイル > プロジェクトのプロパティ」から「スクリプトのプロパティ」を開き、以下のようにプロパティを追加してください。

スケジュールを設定

一日ごとにタスクの登録状況を確認するためのトリガーを登録しましょう。

スクリプトエディタのメニューから「編集 > 現在のプロジェクトのトリガー」で一覧を開き、新規トリガーを追加して任意のタイミングを設定します。今回は日次処理なので「日付ベースのタイマー」を選択します。

GAS の仕様変更のため、前回の記事とは登録フォームの仕様が異なるので注意してください。

テスト実行

動作確認を行う場合はメニューバーの「関数を選択」欄で addCheckItems 関数を選択し、デバッグボタン(虫のマーク)をクリックします。

スクリプトの動作が終了したらタスクワールドを確認しましょう。下図のように2件のチェックリストが登録されていれば成功です。

スクリプトの実装内容

さて、今回もスクリプトの処理内容を簡単にご説明しましょう。

addCheckItems 関数は条件に該当するタスクを確認してチェックリストを登録するメイン処理です。

タスクリストを取得し、それぞれのタスクの登録日時とタグ情報を確認して、条件に該当すればチェックリストアイテムを2件登録します。日次処理なので、一日以内に登録されたタスクかどうかを判定していますね。

addItem 関数は checklist.add-item API のラッパー関数です。追加先のタスクの ID とチェック項目(タイトル)を引数で受け取って API で送信します。

この他に前回の記事で実装した関数(getTasklist、postRequest)も使用していますが、初めての方は前回の記事を参照してください。

GAS の同じプロジェクトなら他のスクリプトファイルの関数も使用できるので、今回のスクリプトでは前回の関数はコメントアウトしてあります。

まとめ

タスクごとに作業手順が決まっている場合は、それぞれの作業項目をチェックリストとして登録するとタスク管理がしやすくなりますね。各タスクの進捗状況が一目で確認でき、作業の漏れ抜けも防止できます。

もしあなたのオフィスで分厚い作業マニュアルが現役なら、これからは bot でチェックリストを自動登録してみませんか?作業効率の改善を実感できますよ!

簡単サインアップ、すぐに全機能を使えます。