Calculus 様

仕事で最も重要な“時間の管理”が可能に。
これがタスクワールドの最大かつ最高の魅力!

複数の法人のCTOを務め、自身の会社ではWeb・システム・アプリの開発などに携わるCalculus ディレクターの田原一正さんは、「自分が片足を突っ込んでいるプロジェクトをしっかりと分けて、管理することが必要不可欠」とのこと。様々なプロジェクト管理ツールを使いこなした結果、タスクワールドをメインのプロジェクト管理ツールに選んだ経緯や、使い方のポイントなどについて、丁寧に解説してくださいました。

決め手は“かんばん方式”と“タイムラインの見やすさ”

ディレクター 田原一正さん

私にとって、プロジェクト管理ツールは必須です。法人のCTOとして、さらに自身の会社ではディレクターとしてとにかく様々な案件を同時進行で抱えています。見やすく使いやすいプロジェクト管理ツールを求めて、それこそ、10種類くらい試しました。その際に、重要ポイントとして意識していたのが、“かんばん形式であること”そして、“タイムラインが見やすいこと”でした。

いろいろなツールを比較してわかったのですが、意外とこの2つの重要ポイントをクリアしていないプロジェクト管理ツールが多かったですね。タスクワールドともう1つ、使いやすいなと感じているツールがあったのですが、最終的に決め手となったのは、“タイムラインの見やすさ”でした。

私が関わっているプロジェクトは、例えばアプリを作りましょう!となった場合には、アプリ完成までに何フェーズも作業工程があります。担当者、納期、プロジェクトごとなど、自由にカスタマイズされたかたちでタイムラインが見れるのは、とても魅力的だと思っているし、プログラミングをする立場から見ても画期的だと感じました。

時間の管理に重宝する “タイム計測”を活用

私自身もプログラミングをするので、ツール利用者としてだけでなく、作る側の目線でもタスクワールドを見ているかもしれません(笑)。 そんな目線がありつつも、本当によくできたツールだなというのが率直な感想です。

毎日特に多用している機能は、“かんばん”と“タイム計測”です。私たち以外のタスクワールドの利用者が、どのような機能をよく使っているのか、ちょっと気になるところなのですが、私自身は“タイム計測”機能のヘビーユーザーです。この機能、本当に便利なんです。

遠方のチームメンバーと仕事を進めていく上で、特に重要になってくるのが、時間の管理です。メンバーの顔写真を定期的に自動撮影したり、画面の映像で動きをチェックしたりなど、リモート仕事環境でメンバーを管理する手段は様々ですが、私自身は、プロジェクトメンバーをそこまでガッツリと管理したいとは正直思いません。チームメンバーは仕事の上での大事な仲間であり、仲間とのチームワークは、お互いに対しての信用の上に成り立つものですから。その点、タスクワールドのタイム計測機能は、程よく丁度いい具合で、メンバー管理ができる機能として重宝しています。

私自身もプログラミングをするので、作業時間の目安というのはある程度は分かっています。だからこそ、この機能がより活用できるのかなとも思っています。実際に普段やりとりするチームメンバーの多くは、ベトナムやバングラデシュを拠点にしています。東京からディレクションを出し、作業は現地でやってもらう。このシステムで、効率よく、リーズナブル、そしてハイクオリティのサービスを提供しているというわけです。

容量のお知らせ機能があるとうれしいです(笑)

グローバル求人サイト「ソーシャルマン (https://socialman.work/) 」のCTOも務める田原さん

デザインなど、容量が大きめのデータのやり取りが多いので、容量に関してもお知らせ機能とかがあると、もっと便利になるなって思います。あとどのくらい容量大丈夫かな?不要なファイルは削除した方がいいかな?などと気になることがしばしばあります。100GBくらいアップできるはずなので、まあ、そこまですぐに容量オーバーになることはないと思っていますが、容量の使用量がわかる、残量がわかる、使っている容量のお知らせがくるなど、欲を言えば、そんな機能を追加してもらいたいと思っています。

でも、やっぱりタスクワールドに関しては、満足ポイントの方が圧倒的に多いですね。例えば、“オーバービュー”。プロジェクトを横断して、ワークスペース上の全タスクを対象に、タスクの進捗状況を確認できる機能です。いろいろな管理ツールを試してみて分かったことなのですが、実はこういった機能って、オプションだったり、設定が面倒だったりすることが多いんです。でも、タスクワールドは標準で付いている。これってまさに推しポイントだと思っています。

“情報チェックのしやすさ”も触れておきたいポイントです。「Web、システム、アプリを作って、はい終わり!」というのではなく、その後の広告まわりや、マーケティングなど、その先の細かいフォローを提供するのが、私たちの事業スタイルです。プロジェクトが完了して、しばらく経過した頃、クライアントから「あのプロジェクトの件だけど…」と確認の連絡が来たときに、過去のプロジェクトに関しての詳細や過程をチェックしやすいのは、とてもうれしいポイントの一つです。

タスクワールドは、他のプロジェクト管理ツールに比べ、使いやすさが飛び抜けていることもあり、 様々なチームにオススメできますね。チーム・会社の規模、事業のスタイルを問わず、業務オペレーションの効率化を協力にサポートしてくれるツールだと思います。

タスクワールドを試してみませんか?
世界のトップ企業が、タスクワールドを社内コミュニケーションツールとして活用し、さまざまなプロジェクトに取り組んでいます。
Yuki Pyon Kondo
株式会社リングル
これまでいろんなツールを使ってきましたが、タスクワールドは一番使いやすい!視認性、そしてデザインが心地良い。 追加したタスクが自動的にガントチャートになるのも、とてもありがたい機能! 総じて使い勝手はとても良いです!
藤井 無限
株式会社 Cadenza先端技術研究所
使ってみると動きが軽量でとても使いやすいです。 プロジェクトに所属しているタスクと、 プロジェクトに所属せず単独で存在するタスクの管理を一元化するのが 課題だったのですが、タスクワールドでは、簡単にそれができます。
染谷 優
 
様々なプロジェクト管理ツールを試して、最終的に選択肢に残ったのは、Trelloとタスクワールド。どちらにするか悩みに悩んだのですが、最終的には、タスクワールドに決定。タスクワールドでは、複数のプロジェクトにまたがっての進捗計画立案、工数負荷管理、実績管理ができ、ガントチャート機能も標準で付いています。使い始めたら、複数のプロジェクトの見通しが非常に良くなり、ストレスが激減しました。おかげでやるべき事を焦らずに作業できるようになりました。
Copyright © 2013-2018 Taskworld™. Pat. Pend.
All rights reserved.