株式会社クラウドナイン 様

「タスクワールド」導入で、社内の管理ツール利用定着につなげたい!

株式会社クラウドナインは、2014 年7月に設立されたゲームの開発・運用を軸とする会社です。RPGを得意とするゲームディベロッパーで、2018年7月26日には、ブラウザゲーム 「HUNTER×HUNTER バトルコレクション」 および 「HUNTER×HUNTER アドバンスコレクション」の運営を開始したことも発表されました。日々、さまざまなプロジェクトの管理に“追われている”という、同社のディレクター・辻口誉人さんに、タスクワールド導入を決めたきっかけや、導入して間もない現在の使い方などについてお話を伺いました。

株式会社クラウドナイン 辻口 誉人さん

タスクワールド導入のきっかけを教えて下さい。

グループ会社の役員の方から「この管理ツールいいよ」と勧められたのがタスクワールドでした。無料で使っていたけれど、すぐに有償アカウントにしたというお話を伺って、すぐに導入を決めました。

すぐに導入を決めたポイントというのはあるのですか?

引き継ぎをするという大きな目的がありました。なので、何か管理ツールを入れて抜け漏れのないように進めていきたいと思っていました。使いやすそうだなという印象だったので、即決でしたよ。ただ、最初に言っておきたいことがあります…。正直なところ、まだ使いこなせていない状態なんです。逆に今回この場をお借りして、使い方を教えていただきたいな〜なんて思っています(笑)

なるほど。では、こういった使い方をしたい!ここの使い方がわからない!など、ざっくばらんにお話ください。

ありがとうございます!プロジェクト管理専門ツールで業務管理をすることには、まだ慣れていない部分が大きく、「使えそう!」と思って導入したタスクワールドは、まだ宝の持ち腐れ状態なので(笑)、ぜひいろいろ教えてください。

ベストな使い方をアドバイスさせていただきたいので、辻口さんの現在の業務内容を教えていただけますか?

売上、ゲームのスケジュール管理・策定がメインです。各セクションの担当者をタスクごと、施策ごとに振り分けて管理します。タイトルがリリースされたら、今度は売上状況を見ながら直近のスケジュールの管理・調整を行なっています。タイトルリリースで終了!にはならないので、ずっとスケジュールに追われている感じです。

膨大なスケジュールやタスクの管理のためにタスクワールドを導入したというわけですね。

まさにそうです。最終的にはツールを介して最終的な報告書を提出するということまでイメージしています。実際に使っている画面をお見せしますが…。まだ使いこなしが足りていないのが、バレちゃいますね(笑)。

まだ導入されて間もないですし、フル活用はこれからですね!毎日、追われるようにして複雑化が進む複数のプロジェクトを進行させているという状況下、新しいツールを取り入れるのは、なかなか一筋縄ではいかないことだと思います。

これまで、プロジェクト管理系の専門ツールを導入したものの、利用が浸透せずに、フェードアウトしてしまったケースがあります。日々スケジュールやタスク内容が変わるため、ツールを使う前に、口頭のコミュニケーションのみで進行し、それだけで解決させてしまうといった感じです。そうなると、メンバーにとって、ツールを使うことは手間になってしまいます。

辻口さん以外のチームメンバーは、タスクワールドを毎日の業務オペレーションに取り入れる利点を、まだ十分に把握できていないのが現状ですかね?

そうですね。みんな、タスクワールドがどれほど便利なのかはわかっているはずですが、実践的な利点を理解してもらうのは、まさにこれからといった感じですね。私自身としては、既に「オーバービュー」が便利で使いやすいと特に実感しており、ディレクターという特殊な立場上、この機能を一番の軸として使っていくと思います。

新ツール導入に関してのこれまでの過程があるなか、タスクワールド採用を決めた最大の理由は何ですか?

操作性ですね。最初に使った時の感触がとても良かったんです。ウェブ感がないというか、通信している感じがまったくしない。アプリっぽい感じがいいなと思いました。使いやすそうなので、引き継ぎ業務をきっかけに導入を進めていくツールとしては最適だと感じましたね。

タスクワールドにこんな機能があれば、もっと便利になると思うことはありますか?

使いこなせていないからか、パッとは出てこないですね。あえて言うとすると、アカウント作成の過程が少し面倒だったかなというイメージはあります。まだまだ使いこなせていないのに、アカウント作成が面倒なんていうのも何ですが...。

社内にツール利用を定着させるには、ルールを作ることがとても効果的です。タスクワールド導入により、業務オペレーションが大幅に改善したとのフィードバックをして頂いた企業の多くが、「タスクワールド利用に関しての社内ルール策定とその徹底した実行」が、最も大切だとおっしゃっています。

なるほどです。個人的に使っている分にはとにかく使いやすいと感じています。デジタル付箋のようなイメージでメモとして使えたりしますから。本日教えていただいた機能と、自分が使いやすいと感じている機能を、しっかりと自分の中で消化してから、ルールを作るという流れに持っていけたらと思っています。「何を話そうか」、「そもそもまだ使いこなせていない」と、いろいろ考えながら今日のインタビューを迎えたのですが、とても参考になりました。「チームとしてきちんと使いこなそう!」と改めて思うきっかけにもなりました。ありがとうございます!

株式会社クラウドナイン
タスクワールドを試してみませんか?
世界のトップ企業が、タスクワールドを社内コミュニケーションツールとして活用し、さまざまなプロジェクトに取り組んでいます。
Yuki Pyon Kondo
株式会社リングル
これまでいろんなツールを使ってきましたが、タスクワールドは一番使いやすい!視認性、そしてデザインが心地良い。 追加したタスクが自動的にガントチャートになるのも、とてもありがたい機能! 総じて使い勝手はとても良いです!
藤井 無限
株式会社 Cadenza先端技術研究所
使ってみると動きが軽量でとても使いやすいです。 プロジェクトに所属しているタスクと、 プロジェクトに所属せず単独で存在するタスクの管理を一元化するのが 課題だったのですが、タスクワールドでは、簡単にそれができます。
染谷 優
 
様々なプロジェクト管理ツールを試して、最終的に選択肢に残ったのは、Trelloとタスクワールド。どちらにするか悩みに悩んだのですが、最終的には、タスクワールドに決定。タスクワールドでは、複数のプロジェクトにまたがっての進捗計画立案、工数負荷管理、実績管理ができ、ガントチャート機能も標準で付いています。使い始めたら、複数のプロジェクトの見通しが非常に良くなり、ストレスが激減しました。おかげでやるべき事を焦らずに作業できるようになりました。
Copyright © 2013-2018 Taskworld™. Pat. Pend.
All rights reserved.