税理士法人 猪股会計 様

タスクワールドは100%社内のインフラに。テクノロジーを駆使したBestサポート提供の一環として、積極的にお客様にもオススメ中!

「クライアントの期待を超えるサービス」を提供し続けることをコンセプトにしている、東京・埼玉の猪股会計事務所。1年前に導入をして以来、今ではタスクワールドは会社のオペレーションに欠かせないツールとして、社員全員で毎日利用しているとのことです。ITツールの発展、ビジネスのトレンドに常に向き合いながら、クライアントが「本当に必要としている税務・会計サービス」、そしてプラスαを提供し続ける猪股会計事務所の代表 猪股宏之さんと、社内そしてクライアント企業における業務プロセス改善プロジェクトを牽引している石本勝也さんに、同社がタスクワールドを選んだ経緯、現在の利用状況、今後期待することなどについて、じっくりとお話しいただきました。

税理士法人 猪股会計 石本勝也さん(左)と代表の猪股宏之さん(右)

御社ではタスクワールドは現在どのように使用されていますか?

石本さん:弊社スタッフ全員、タスクワールドを毎日使っています。弊社におけるタスクワールドの使われ方は、少し変わっているかもしれませんね。全スタッフ、「オーバービュー」をメインに使っているんです。タスクワールドの導入コンサルタントの方からは、「オーバービュー」は主にプロジェクト・チーム全体を管理する立場にある人が使う機能であるとアドバイスを受けていましたが、弊社では、全スタッフが「オーバービュー」を基本画面として使っているのが現状ですね。正規な使い方ではないかもしれませんが、弊社ではこの使い方で仕事がとても上手く回っていて、とても満足していますよ。

猪股さん:毎朝パソコンを立ち上げてブラウザのGoogle Chromeを開くと、5つの画面が自動で見れるように設定しています。そのひとつにタスクワールドが入っています。まずは、このようにして、タスクワールドを立ち上げなければ、1日の仕事が始まらないといった感じですね。

タスクワールドを使っていて、「いいな」と感じていることを教えてください。

石本さん:上から順番にタスクをこなしていくと、下から順番に次のタスクが上がって表示されてきます。会計事務所では、毎日繰り返されるタスクが多いのですが、タスクワールドを使いながら仕事をコンプリートしていく度に、良い感じの達成感があり、また次のタスクが出てくることで、気持ちが引き締まります。

猪股さん:会計の世界はどうしてもルーティン作業の多いタスクがメインになります。それだけに、いかに確実に高品質のサービス提供をキープしつつ、毎日の業務オペレーションの流れを最大限効率化させていくのかが、会計サービス提供者としての大きな課題となります。その点において、タスクワールドを上手く使えていることは、うちとしての大きな武器になっていますね。タスクワールド上でテンプレートを作り、それを繰り返し使うという利用方が便利で重宝していますね。毎月の繰り返しの仕事の流れが反映されたテンプレートを若いスタッフに作ってもらい、それを私を含むチームメンバーで実践利用していく。このオペレーションスタイルが、うちではとても上手く回っています。また、公式アプリを使い、モバイル端末上からも効率よくタスクワールドにタスクをあげることができるのも、すごく便利ですね。

石本さん:私はオフィス外にいる時も、基本はいつもPCを持ち歩いています。外出中に、お客様からLINEなどでメッセージが来た時に、すぐスマホでタスクワールドにタスクとして情報アップできるのも、タスクワールドを使うというたった一つのアクションで、個人的なメモ書きとタスクのチーム共有の2つを同時に済ませることができるのは、本当に効率アップに繋がっていると思います。

タスクワールドを使い始めたきっかけを教えてください。

石本さん:タスクワールドではない、某有名タスク管理ツールを通して、この様なツールを使った業務オペレーションが可能であるということを知りました。私たちが実際の業務においてその様なツールを使い続けるには、様々な必須条件をクリアする必要があったのですが、「タスクの繰り返し機能」は、そのうちの一つでした。様々なタスク管理ツールを検証し続けた結果、タスクワールドが私たちのニーズに一番合うサービスだと感じました。「タスクの繰り返し機能」があるという事は大きなプラスでしたが、ビジネスの現場で実際に便利に使うことの出来る機能、抜群の使いやすさ・ユーザビリティなど、その他の様々なプラスもあり、タスクワールドを導入することを決めました。

タスクワールド導入による御社にとっての「プラス」効果には、他に挙げられますか?

猪股さん:業務オペレーションの効率アップは確実に実現できていますね。うちのオペレーションの効率、断然良くなりました。「やるべき日に、やるべきことをやって済ませる」。これは当たり前のことなのですが、実際には意外と難しかったりします。若いスタッフと共同作業をしている中で、タスクワールド導入前は、「今日がこの案件の期限だけど、どうなってる?」といった感じに、いちいちアナログ的に確認をしなければならない時もありました。スタッフ全員、責任を持って多くの複雑な案件に同時に取り組んでいることが、痛いほど分かっているだけに、こういった催促的なやり取りは、出来れば避けたいと感じていました。タスクワールドの良さの一つは、「仕事の見える化」の実現を強力にサポートしてくれることです。タスクワールド導入後は、若いスタッフのほうから、「この案件、今日が期限ですが、どうしましょうか?」などと、私や石本さんに積極的に提案してくるようになりました。コミュニケーションをしやすい環境を、タスクワールドが提供してくれているといった感じのイメージですね。

自社で利用されているツールを、クライアント企業にオススメすることはありますか?

猪股さん:よくあります。弊社では、業務オペレーション改善に効果的だと確認が出来たツールに関しては、クライアント企業様に積極的にオススメするようにしています。タスクワールドのように、自分たちが使ってみて実際に良いものだと確信できたものは、お客様にどんどん案内しています。

石本さん: ついこの間も、弊社による紹介により、弊社のお客様がタスクワールドを導入しています。お客様に困りごとがあれば、「こういうツールがありますよ」といった感じで、解決策の一つとして提案をします。

猪股さん:弊社はテクノロジーを駆使してお客様のサポートを行います。お客様のビジネスにおいて、リノベーションが必要であるところがあれば、それを実現・成功させるために、総合的なソリューション・アイデアを積極的に提供しています。

御社は最近、タスクワールドのサービス利用に関し、月払いプランから年払いプランに移行されました。その経緯を教えてください。

猪股さん:経緯は簡単ですよ!タスクワールドは無いと困るからね。だから、月単位でなく年単位で継続なんです。年払いだとお得だしね(笑)

石本さん:1年運用してみて、このツールはずっと使っていけるなという確信が持てたんです。当事務所の業務内容にマッチしていましたから。もうすっかり、社内インフラになっている状態ですし。

タスクワールドのカスタマーサービスの印象はいかがでしょうか?

石本さん:とても良いですね。特筆に値するのは、レスポンスの早さです。こちらからの問い合わせに関して、すぐに返信をしてくれます。他のツール、特に海外系のツールではなかなか無いことなのですが、カスタマーサポートを含む運営チームの方々と、日本語でいつでも連絡が取り合えることも、利用者としての安心に繋がっています。

猪股さん:タスクワールドも海外系ツールだけど、カスタマーサポートだけでなく、インターフェースの日本語も完璧だからね。

タスク管理ツール導入を検討している会社にアドバイスはありますか?

猪股さん:タスクワールドをオススメします(笑)。いろいろ使ってみて選んだ私たちが言うのだから、間違いありません(笑)。

石本さん:タスクワールドは、特に期限が明確にある業種や企業にオススメだと思います。当事務所のような会計事務所、税理士事務所はもちろんのこと、司法書士、行政書士など士業にはぴったりのツールだといえます。もちろん、士業以外に、チームで仕事をしているところにも強くオススメでできます。

猪股さん:若い人と一緒にチームを組んでいる企業は使って損はないと思います。頼みづらい、質問しづらいという上司と部下の両者の悩みを解決してくれるツールです。ITツールに強い会計事務所、猪股会計が「良い」と感じたタスク管理ツールなので、間違いないって言えると思います(笑)

税理士法人 猪股会計公式サイト
簡単サインアップ、すぐに全機能を使えます。

こちらの記事もおすすめ

  • Language
  • 日本語
    English
    한국어
    Français
    Deutsch
    日本語
    ไทย
    Português
    español
    Bahasa
    italiano
  • Copyright © 2013-2019 Taskworld™. Pat. Pend.
    All rights reserved.