NSSホールディングス株式会社 様

プロジェクト・タスク管理の効率化にタスクワールドを選定。リアルタイムで全体状況の把握ができる「オーバービュー」が導入の決め手!

顧客の様々な問題・課題を“スピーディーに解決”をモットーに、ISOサポート事業やクラウドコミュニケーション事業、法人向けソリューション事業を展開する、NSSホールディングス株式会社。グループ会社ということもあり、複数事業を展開しているため、タスクの種類は多岐に渡り、その数も多いのが特徴です。タスクワールド導入のきっかけ、現在の使用状況や、今後の活用方法で検討していることなどに関し、同社のアクティベーション事業部WEBメディアソリューション推進課の才納健太郎さん、WEBメディアソリューション事業課の多田啓介さんにお話を伺いました。

NSSホールディングス株式会社 才納健太郎さん(左)と多田啓介さん(右)

タスクワールドを導入したきっかけを教えてください。

才納さん:弊社は複数事業を展開するグループ会社であり、私自身はマーケティングやプロモーションを扱う部署に所属しているのですが、関わっているタスクは本当に多岐に渡っています。関わる仕事の種類はもちろんですが、各プロジェクトごとに細かなタスクが存在し、そのボリュームがとにかく多いため、それらを管理するためのツールは、いくつかを併用している状態でした。しかし、タスクを効率よく管理していく上で、「いよいよ収拾がつかない」と危機感を覚え始め、この辺できちんとタスク管理の専用ツールを導入し、将来のことも見据えた上で、この状況を改善していこうと考えました。

導入時には、他のツールと比較検討をされたのでしょうか?

才納さん:いくつか気になるツールをピックアップし、お試し版などを活用して比較検討しました。検証を進めていく中、タスクワールドの「オーバービュー機能」には特に惹かれましたね。この機能は優れもので、全てのプロジェクトを対象にリアルタイムでの全体把握を可能にしてくれます。この「オーバービュー」が、タスクワールド導入の最大の決め手でしたね。リアルタイムで状況が反映されるところが、私にとってはたまらなく魅力的です。

タスクの量も種類も多いというお話ですが、どのような事業を展開されているのでしょうか?

才納さん:もともとは中小企業様をメインに、店舗のコスト削減などを提案するという、いわゆるソリューション事業を行なっていました。例えば、「電気代を削減したい」というお客様には、LEDの利用をはじめ、最近であれば新電力のご提案などです。お客様が抱える問題や課題を解決するため、さまざまな提案をしていく中で、事業内容はいろいろ派生していきました。

ISOの新規取得、運用サポート、助成金受給サポートなど様々なサポートはもちろんのこと、「オントーク(ONTALK)」というオンライン商談システムを自社開発し提供したり、架電効率を最大限に上げるアウトバンドに特化したコールシステム「NCALL」の提供もしています。この他にもいくつも事業はあるのですが、それぞれにサイトの改修やコンテンツ追加などのタスク管理が発生するので、そこでタスクワールドを活用しています。

多田さんは、具体的にどのようにタスクワールドを利用していますか?

多田さん:私は出社してPCを立ち上げたら、まずタスクワールドを開き、自分のタスクをチェックします。優先度を確認して、その日の作業の進め方、やる順番を決めていきます。作業が終了したら、完了ボタンを押すだけ。自分の作業状況をリアルタイムで伝えることができるのは魅力的だと思います。ベルトコンベアのように、ひとつ終了したら次のタスクが上にくる。流れるように作業が進んでいく感じが気に入っています(笑)

才納さんはどのような感じでタスクワールドを使っているのでしょうか?

才納さん:実は社内のチャットに関しては、タスクワールドではない別のサービスを使用しているのですが、私の管理ツールのメインはタスクワールド。PCを開いている時間イコール、タスクワールドを立ち上げている時間となります。タスクワールドでは、タスク単位でチャットが可能なのですが、これには大きな魅力と可能性を感じています。

タスクワールドを導入してから、業務効率改善において、どの様なチェンジが見受けられましたか?

多田さん:私が入社した時には、すでにタスクワールドが導入されていました。タスクワールドという便利なツールを、効果的なかたちで活用しながら、効率よく各プロジェクト・タスクに取り組むメンバーの様子を目にして、「時間を大切にする会社」という印象を強く受けたのを覚えています。「Time is money」を体現しているというか。そういう感覚がたまらないと思いました。

今後、タスクワールドで活用していきたい機能はありますか?

才納さん:管理ツール一本化を目指しながらも、今は別のツールと併用し、それぞれの良いところを使っているという状況です。タスクワールドで“報告”に使えるエクスポートができるようになれば、使用ツールが一つ減るかもしれません。役職的に管理する立場でもあるので、そんな機能が出てくるのを待ちながら、現機能を最大限に活用していきたいと思います。

多田さん:私は毎日、フロントエンドのエンジニア、さらにデザイン担当として、納期等が複雑に絡み合う複数のタスクに取り組んでいます。タスクワールドでは、タスクの依存関係を設定する機能が近日中にリリース予定とのことですが、この機能には特に期待しております。

才納さん:先日リリースされた、ライセンスにカウントされないかたちで、ゲストをワークスペースに参加させることのできる「ゲストアカウント機能」は、とても使えそうな気がしています。これから出てくる新機能だけでなく、まだあまり使っていない機能を見直した上で、タスクワールドを活用した、業務効率改善を進めていければと思います。

NSSホールディングス株式会社
簡単サインアップ、すぐに全機能を使えます。

こちらの記事もおすすめ

  • Language
  • 日本語
    English
    한국어
    Français
    Deutsch
    日本語
    ไทย
    Português
    español
    Bahasa
    italiano
  • Copyright © 2013-2019 Taskworld™. Pat. Pend.
    All rights reserved.