ポート株式会社 様

企業と自治体の架け橋になるのが私たちの仕事。
自治体の 方にもタスクワールドを活用してほしい!

ポート株式会社は、「バーティカルメディア事業」、「採用コンサルティング事業」、「ポートメディカル事業」、「地方創生事業」という異なる4つの事業を展開しています。“時代を追うのではなく、時代を創る”をミッションに掲げ、これからの社会に“無くてはならない”を創造する。働き方改革の本格的な取り組みが注目される中、企業と自治体の架け橋となり、地方への企業誘致サポートを様々な斬新な手法で続ける会社です。

地方に拠点を置くプロフェッショナルが、東京に引けを取らないスケールとスピード感で仕事を進めるには、ITツールの活用はまさに不可欠。本日は、急増するプロジェクト管理のために、タスクワールドを導入した経緯や、現在の使い方などについて、地方創生支援室 室長の大村智一さん、アソシエイトの池内沙也さんにお話を伺いました。

地方創生事業2つの柱“場づくり”と“人づくり”

ポート株式会社 地方創生支援室 池内沙也さん(左)と大村智一さん(右)

大学を出て就職する。人材は、地方から東京に流れ、地方は人口減少の問題を抱えることになります。地方創生事業では、この流れを東京から地方へと変えることを目指しています。

「地方の人が、なぜ東京に行くのか、それは地元に仕事がないから」と話す大村さん。仕事があれば、地元で就職したいという声が実は多いのだそう。そんな声に応えるべく、地方に働く場所を作り、地方で働く人を作る。東京から地方へと人材を戻すUIターン促進のために、地方で働くことを魅力的に伝えるプロモーションサイトの作成なども手がけています。

宮崎県日南市に、日南市初となるIT企業を誘致し、地方にサテライトオフィスを誕生させたことは、場づくりのモデルケースとなりました。

急激に増加したプロジェクトの管理にタスクワールドを導入

プロジェクトの数が少なかった頃のタスク管理には、スプレッドシートだけに頼っていたと話す大村さん。事業規模が急激に拡張し、30を超える数のプロジェクトが同時に進行し、その管理方法に限界を感じたのが、タスク管理ツールの導入検討を始めたきっかけに。

タスク管理ツールは、メンバーが実際に使わなければ全く意味がないもの。だからこそ、トレロを含む様々な別の専用ツールも使ってみた上で、一番使い勝手が良いと感じたことが、タスクワールド導入の大きな決め手だったそうです。

タスクワールドの魅力は、「プロジェクトごとに細かい管理ができること」と話す池内さん。まだタスクワールドの機能を十分に使いこなせていないと前置きしながらも、日南のサテライトオフィススタッフとのやり取りや、タスクの進行状況を常にチェックできることなど、便利さを実感しているとのこと。まだ併用を続けているツールは、近日中にタスクワールドに集約したいと考えているそうです。

オーバービューでタスクの抜け漏れをチェック

急激にプロジェクト数が増えた時期は、目の行き届く範囲に限界を感じていたと説明する大村さん。タスクワールドを使い始めると、誰が何をやっているのかが明確になったことが、導入による大きな改善ポイントのひとつとのこと。メンバーのキャパ状況がすぐにわかるので、仕事の振り分けがしやすくなり、誰かに偏った負荷がかかってしまうことを防げるようになったことも、メリットだったようです。

朝夕の2回、30分ずつ、これが現在の使い方。

メンバーの1日は、朝イチに今日やるべきタスクを、タスクワールドで確認することから始まるそうです。毎日夕方には、全プロジェクトの最新状況を様々な観点で俯瞰のできる「オーバービュー」機能を活用し、各プロジェクトの進行状況における抜け漏れチェックを、欠かさず行っているのだそう。この様に、タスクワールドを、チーム運営を支える基盤ツールとして積極的に現場で活用をすることにより、プロジェクトの品質を保ちながら、納期遅れを防ぎつつ、工数の大幅削除を実現していると説明してくださいました。

公共事業は書類が多い!だからこそ抜け漏れチェックに役立てたい

取引相手である地方自治体の多くが、「企業を誘致したい」と考えていると説明する大村さん。まだ具体的な戦略やノウハウを持てていない地方自治体をサポートし、企業側には、大阪、福岡のような大都市ではなく、様々な地方にサテライトオフィスを作る理由を提供していきたいのだそう。

企業にとって、地方にとって、ベストなマッチングができるように、自治体と企業の架け橋となりサポートしていくのが、ポート株式会社の地方創生事業における、現在の最大のミッションだそうです。

地方と東京の垣根をなくすためにも、タスクワールドのようなITツールは欠かせないとし、地方自治体のようなITとはかけ離れたイメージのある団体の方達にこそ、タスク管理ツールを活用してほしいと話してくださいました。

ポート株式会社公式サイト

経営課題を地方進出で解決。地方で働く選択肢をもっと世の中に広めたい。未来の働き方をよくするために。ポート株式会社の地方創生事業の詳細についてはこちらから。

<地方進出.com>
https://local-ex.com/

タスクワールドを試してみませんか?
世界のトップ企業が、タスクワールドを社内コミュニケーションツールとして活用し、さまざまなプロジェクトに取り組んでいます。
Yuki Pyon Kondo
株式会社リングル
これまでいろんなツールを使ってきましたが、タスクワールドは一番使いやすい!視認性、そしてデザインが心地良い。 追加したタスクが自動的にガントチャートになるのも、とてもありがたい機能! 総じて使い勝手はとても良いです!
藤井 無限
株式会社 Cadenza先端技術研究所
使ってみると動きが軽量でとても使いやすいです。 プロジェクトに所属しているタスクと、 プロジェクトに所属せず単独で存在するタスクの管理を一元化するのが 課題だったのですが、タスクワールドでは、簡単にそれができます。
染谷 優
 
様々なプロジェクト管理ツールを試して、最終的に選択肢に残ったのは、Trelloとタスクワールド。どちらにするか悩みに悩んだのですが、最終的には、タスクワールドに決定。タスクワールドでは、複数のプロジェクトにまたがっての進捗計画立案、工数負荷管理、実績管理ができ、ガントチャート機能も標準で付いています。使い始めたら、複数のプロジェクトの見通しが非常に良くなり、ストレスが激減しました。おかげでやるべき事を焦らずに作業できるようになりました。
Copyright © 2013-2018 Taskworld™. Pat. Pend.
All rights reserved.